アパート建築の問題点

空いてしまっている土地を活用することは、とても重要なことです。
何もしなくても固定資産税はかかりますし、相続しなければいけないことを考えると、そのままにしておくことは大きなマイナスになってしまうこともあるでしょう。
そこで、アパート建築を考える人が増えているのです。

アパート建築をすることにより、家賃収入を見込めるようになります。
これによって、出費をまかなうことができるようになりますので、固定資産税の問題もクリアすることができるといえるでしょう。
もう一つが、相続税の評価額を下げることができるということです。
このメリットを前面に出しているところもありますが、評価の大きな土地ともなれば、かなりの節税になることも少なくありません。
それだけ大きなメリットであるといえるのです。

ですが、単純に考えるわけにはいかないこともあります。
建築途中に相続しなければいけない場合には、建物の豹かは70%にしかなりません。
土地も貸していない状態になりますので、自用地として評価額を計算することになりますので、全く効果はない状態になるといえるでしょう。
これならば、土地を売って完成している物件を購入して貸し出したほうが、はるかに相続税対策になるのです。

アパート建築した後に問題が出ないわけではありません。
多くの問題があるからこそ、計画をもって考えていかなければいけないのです。
目先の利益ばかりがクローズアップされ、なかなか気が付かない問題もありますので、一度リスクを考えてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2014 アパート建築をした後の注意点 All Rights Reserved.